みんみんのメモ帳

理系の男子大学生みんみんの日記です。日々感じたことや学んだこと、そして専門の物理学に関して書いていけたらなと思います。

阪大院試受験物語 5:英語対策

こんにちは。みんみんです。

前回までの記事では物理学の対策についてまとめました。

今回は受験生、特に外部勢にとっては対策のしにくい英語対策について書きたいと思います。

 

5-1:英語試験

英語試験対策の難しいところは何といっても問題が”非公開”にされている場合がほとんどであるということです。TOEIC等ならいくらでも対策できますが、独自問題は著作権の都合上、なかなか手に入れることができません。過去問ないのにどうやって対策すればいいんだって思う人、めちゃめちゃ多いと思います。私自身、当日まで過去問を手に入れることができなかったので多々苦労しました。外部勢の方々のために、今だから言える「ああすればよかった・・・」をいくつか書いていきたいと思います。

 

その1:当然、過去問はないよりあった方がいい。

内部勢は研究室の先輩方から英語試験の過去問を譲り受けています。外部に対しては非公開でも、内部では当然出回っているのです。院試当日の試験会場で過去問を囲んで談笑する内部勢を見て戦慄したのは言うまでもありません。私は研究室訪問の際に、先生方から英語問題の雰囲気だけは聞けたのですが、問題をいただくことはどうしても気が引けてできませんでした。外部から院試を受ける方はできるだけ過去問を手に入れる方策を考えましょう。内部の知り合いにお願いする、志望研究室の院生にお願いする…etcなんでもいいと思います。大学によっては生協や教務で過去問の貸し出しやコピーサービスを行っている場合もあるので、早めに確認しておきましょう。

 

その2:日頃から英語に触れる機会を設けよう。

多くの大学生にとって、大学に入ってからの英語の授業は高校時代のものに比べたらかなり緩いモノだと思います。専門の勉強に精一杯で英語は・・・となっている方、要注意です。院試当日に長文と向き合って「なんも読めねぇ・・・」となりかねません。(もちろん英語試験の出来を無視できるぐらいに専門試験が強ければ話は別です。)ゼミ等で英語の教科書の輪講等があれば積極的に参加するようにしましょう。これだけで志望分野の専門用語や英語特有の言い回しに慣れることができます。私は併願先でTOEICのスコア提出が求められていたこともあり、その対策が阪大院試でも少し役立ちました。TOEICの問題集は以下のものを何周もしました。これだけです。 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

 

 また、大学の行きかえりの電車で以下の本を時々読んでいました。非常に読みやすく、科学の読み物として面白いので興味があれば読んでみるといいです。

日経サイエンスで鍛える科学英語

日経サイエンスで鍛える科学英語

 

 その3:阪大院試の傾向

これを聞きたい人が一番多いと思います。ズバリ、下線部訳と英訳問題です。時間は60分なのでそんなに問題量は多くありません。大学入試等で英作文に慣れていれば英訳問題も苦労することはないでしょう。専門用語も適宜補われますので、高校時代に習った基本文法や言い回しだけしっかり確認しておいてください。

 

実際、英語試験よりも専門試験の方にウェイトはあるので、英語対策に必死になる必要はありません。私自身、試験1週間前から1日に1時間程度、上にまとめたことをやった程度です。しかし、大学院によっては英語試験を足切りの判断に用いるところもあるみたいなので、注意しましょう。他の受験者と比較して、遜色ない点数が取れれば十分です。

 

以上、英語試験対策でした。次回は面接対策についてまとめます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。